会社設立時さまざまな助成金が受けられる可能性があります
当協会 はでは、適用可能な助成金を調べ、受給のお手伝いをいたします

 助成金の種類と金額

  • キ ャ リ ア ア ッ プ 助 成 金(2014/4/23現在)

    正社員以外の従業員に対して、無期雇用や正社員・OJT・非正規社員に対しての健康診断実施等で助成金が支給されます。

  • 中小企業労働環境向上助成金(2014/4/23現在)

    雇用管理制度(評価・処遇制度、研修体系制度、健康づくり制度)の導入等を行う健康・環境・農林漁業分野等の事業を営む中小企業事業主に対して助成するものであり、雇用管理改善を推進し、人材の定着・確保を図る企業に対し30万〜40万支給されます。

  • 創業補助金(提出期限2014年6月30日必着)

    弁護士、弁理士などの専門家との顧問契約のための費用や広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費に対して以下の補助率、補助上限額に基づき補助を行います。
    創業 補助率3分の2 補助上限額200万円
    第二創業 補助率3分の2 補助上限額200万円

  • ものづくり補助金(提出期限2014年5月14日)

    試作品・新商品・新サービスのの開発、導入を行い、認定支援機関の確認を受けることで、 開発・導入にかかった対象経費の3分の2(通常上限1,000万円)の補助金を受け取れます。

  • 高年齢者雇用安定助成金(2014年3月1日現在)

    高年齢者雇用安定助成金高年齢者活用促進コース支給金額 : 上限500万円。高年齢者の活用促進のための雇用環境整備の措置に要した費用の2分の1(中小企業事業主は3分の2)に相当する額高年齢者雇用安定助成金高年齢者労働移動支援コース 支給金額 : 対象者1人につき70万円 (短時間労働者の場合は1人につき40万円)

  • トライアル雇用奨励金(2014年3月1日現在日現在)

    対象者1人当たり、月額最大4万円(最長3カ月間) ① 紹介日時点で、就労経験のない職業に就くことを希望する ② 紹介日時点で、学校卒業後3年以内で、卒業後、安定した職業※1に就いていない ③ 紹介日の前日から過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している ④ 紹介日の前日時点で、離職している期間が1年を超えている※2 ⑤ 妊娠、出産・育児を理由に離職し、紹介日の前日時点で、安定した職業に就いて いない期間が1年を超えている ⑥ 就職の援助を行うに当たって、特別な配慮を要する※3

  • 発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金(2014年3月1日現在)

    本給付金は発達障害者または難治性疾患患者をハローワークまたは地方運輸局の職業紹介により、雇用保険の一般被保険者として雇い入れる事業主に対して助成するものです。  事業主の方からは、雇い入れた発達障害者または難治性疾患患者に対する配慮事項等についてご報告いただきます。また、雇い入れから約6か月後にハローワーク職員等が職場訪問を行います。週の労働時間30時間以上の労働135万、20時間以上30時間未満90万

  • 就職が難しい人を雇ったら(特定求職者助成金2014年3月1日現在)

    60歳以上の方や母子家庭の方をハローワークの求人により雇用した場合支払った中小企業の場合90万が助成金としてもらえいます。

Copyright © 2014. 一般社団法人 新設法人支援協会 all rights reserved