会社設立の注意点

  • 決算は何月がいいか?

    通常は消費税の免税期間を最大限に利用する為設立の前月末がいいと思います。
    また、1年でもっとも利益の上がる繁忙期を避け、その数ヵ月後に設定するのもよいでしょう。

  • 目的の決め方は?

    法改正で、規則はなくなりましたが、より具体的に商売の内容が分かる書き方がよいと思います。「サンプルPDF」
    また、生命保険代理行や人材派遣、建設業など許可業種では許可に必要な書き方があります。 これらは注意が必要です

  • 役員構成は?

    これも法改正で役員1人から設立可能になりました。
    建設業許可では経験者が役員になっている必要があったり、
    奥様が高額な給与を貰う場合役員である必要性がある場合もあります。

  • 資本金は幾らがいいか?

    1円から設立が可能です。ただやはり100万円以上の設立が第3者の信用的にも良い様です。
    車などを現物出資で資本金にする事も可能です。
    消費税免税のメリットを受ける為には1000万未満の設立をお勧めします。
    また建設業許可を取得予定の方は500万円以上の設立をお勧めします。

  • 本店所在地は?

    ご自宅でも賃貸事務所店舗でも構いませんが、登記の住所により融資の管轄や税務署の管轄が変わります。
    有利な地域で設立しましょう。

  • 費用は幾ら?

    自分で設立をした場合総額243,000円です、当協会 は、オンライン申請電子認証対応の為実費が45,000円安くなりますので手数柳雄49,300円を頂いても差額の実質手数料6,500円( 東京都・神奈川県限定で実費も含む設立費用合計245,835手数料を含む)で行っています。
    お急ぎの場合は8~12日で登記可能ですが、さらに急ぐ場合は別途費用がかかります。

Copyright © 2014. 一般社団法人 新設法人支援協会 all rights reserved